AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • YouTube
  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

アクアヴィジョン・タイムズAquavision Times

アクアヴィジョン・タイムズ

新☆アクアヴィジョン・タイムズ VOL.049

2022年6月18日 23:32

カテゴリ:新アクアヴィジョン・タイムズ

2022年6月

第6回 スターラインズ・リユニオン

 

. 

 

SLR2022.jpg
 
 
 

みなさん、こんにちは。

「新☆アクアヴィジョン・タイムズ」です。

 

今号は、5月27日~6月1日に開催された「第6回 スターラインズ・リユニオン(SLR)」のレポートです。

会場は、女神の森 ホリスティックセンター/ルラシュ(八ヶ岳南麓、小淵沢)。

 

2017年から始まったスターラインズ・リユニオンも今回で6回目。

スターラインズⅡ卒業生のための本プログラムでは、ETコンタクト体験を阻害する個人的なバリアを取り除くことによって、次元を越えて宇宙を旅するチームメイトとのコンタクトを試みます。

 

担当トレーナーは、坂本 政道(Mas)、芝根 秀和(Hide)、事務スタッフとして清水 照美の3人でした。

Mas、Hideの報告の後、参加者の方々の体験談が掲載されています。

最後まで、どうぞお楽しみください。

 

新☆アクアヴィジョン・タイムズ編集部

 
 
 

 

 

【1】謎の飛行体を何回も目撃したSLR(坂本:Mas)

 

SLR2022_01.jpg

 

4月のライフラインに引き続き、山梨県小淵沢のルラシュで開催しました。

 

今回はこの時期には珍しいくらい快晴の日が多く、そのおかげで夜のUFOウォッチングを3晩にわたり行うことができました。そして謎の飛行体を何回も見ることができました。

 

謎の飛行体は人工衛星のような飛び方、光り方をするのですが、明るいものがかなりあり、それらは人工衛星のサイトには出ていないものでした。

 

SLR2022_11.jpg

 

曇りの晩には、宿泊棟ホールで瞑想ワークを行いましたが、ホールの周りや中央に非物質状態でやってきた存在を多くの方が知覚できました。多数のオーブの写真を撮った方もいらっしゃいました。

 

SLR2022_12.jpg

 

今までで一番明確な形で、コンタクトできたと言えると思います。

疑いのないコンタクトまでには至りませんでしたが。それは次回にお預けということで。

 

 

 

参加されたみなさん、ありがとうございました。

坂本 政道(Mas)

 

 

 

【2】「コンタクト」への準備は整った?(芝根:Hide)

 

SLR2022_02.jpg

 

2022年5月26日から6月1日の5泊6日、第6回スターラインズ・リユニオンが開催されました。

会場は、女神の森 ホリスティックセンター/ルラシュ(小淵沢/山梨県)。

 

参加者は、女性6人、男性8人、計14人。

アシスタントは、てるみさん。

半数近くの参加者が、このプログラムのリピーターでした。

まさにベテラン揃い。

ハンパないグループエネルギーでした。

 

私は、6年前、第1回の開催に参加して以来のリユニオン。

1回目に比べると、UFO出現率が格段にアップしていることに驚きました。

参加者の反応は「あ、また出たね」という感じで、見るのは当たり前。

 

「コンタクト」への準備は整ったのではないでしょうか?

次回はアシスタントではなく参加者として、たっぷりプログラムを味わいたいです。

 

ご参加いただいた皆さま、ご一緒できてよかったです。

またお会いできるのを楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

芝根 秀和(Hide)

 

 

 

SLR2022_03.jpg

 

 

【3】参加者体験談(アンケート抜粋)

 

セミナーの最終日に書いていただく、参加者アンケートから。

体験談をいくつか掲載します。読みやすいように多少手を加えさせていただいていますが、生の声です。

それでは、お楽しみください。

 

◆◇◆

 

・自分なりのテーマを持って臨んだが、大体達成することができて良かった。

・合宿セミナー参加は1年ぶりだったが、やはり参加するとより知覚がクリアになり、これまではおぼろげだったところがしっかり把握できるようになって、色々深まっていく感がある。

・何より天気がかなり良くて、屋外ワークもたっぷり満喫できた。

・「F49+」より上のフォーカスの体験者もかなり増えて来たので、是非さらに上の段階のセミナーをそろそろ・・・楽しみにしております!

・ありがとうございました。

 

・今回もとても楽しく、充実した時間を過ごすことができた。

・非物質世界での探求、物質世界でのUFO探索、どちらも盛りだくさんでとにかく楽しかった。

・来年もまた参加したいと思っている。

・UFOを見られると思っていなかったのでビックリした。

・リユニオンまで来て、ようやく少しだけ宇宙のことが感じられるようになったと思う。

・このシリーズは再受講して探求を深めていきたい。

・坂本さん、ヒデさん、てるみさん、今回も素晴らしいセミナーでした。ありがとうございました。

 

・グループエネルギーの大きさに驚かされた一週間だった。

・リユニオンのプログラムと、グループエネルギーのおかげで、今の私に一番必要なことを体験することができた。

・スタッフの皆様、参加者の皆様、本当にありがとうございます。

・帰宅後の日々が今からとても楽しみです。

・いつも心地よく、快適に貴重な体験ができる一週間をありがとうございます。

・心から感謝です。

 

SLR2022_04.jpg

 

・年のせいだとは思いたくないが、年々体験ができなくなっているような気がする。

・以前見た水色に輝くスターゲイトをみたいと思うのだが。

・しかし、ゲートを超えていく流れには乗れていて、最終的に霧の立ち込めた静かな湖のような湖面を漂っている感じが分かった。

・月のような黄色の天体が向こうに見え、幻想的な風景が広がっていた。

・ここが皆さんの言うF105かどうかはわからないが、そのうち私もハッキリと知覚できれば良いなと思った。

・初日のUFOのフラッシュは印象的だった。初めて見た。

・動画にとれなかったのが残念だった。

・坂本さんをはじめ、スタッフの皆様にはお世話になりました。

・てるみさんには色々お気遣いいただき感謝しております。

・皆様、ありがとうございました。

 

・ETコンタクトで毎晩UFOがたくさん見られて大満足だった。

・室内で行うETコンタクトも集中してできるので、外と室内とで行うのがいいなと思った。

・改めて、内側への探索の旅だったなという感想。

・今回も大変お世話になりました。

・ゲートウェイから駆け抜けてきたが、リユニオンで合宿プログラムも最後なので、ここから先へのプログラムも期待して待っています!

・沢山の仲間に出会え、トレーナーの方々にも手厚くサポートしてもらい、感謝しかありません。

 

・UFOを2回くらいみたような気がする。

・ノートを見返してみると案外体験しているような気がする。

・トレーナーの方からのアドバイスを今後実践します。

・ほとんど寝てしまった。

 

SLR2022_05.jpg

 

・スターゲイトを超えると星に吸い込まれた。

・その後、UFOの中に自分がいた。

・すると、私を呼ぶ声が聞こえて来た。

・そのUFOは宇宙にいる私の家族だった。

・深い愛情を感じて涙が止まらなかった。

・毎回愛情体験をしている。

・これでモンロー研のプログラムが終わってしまうのは淋しいが、この体験を心の宝物にして、泣いたり笑ったりしながら、人生を心から楽しんでいきます!

・坂本さん、モンロー研のプログラムを日本に持ってきてくださって、心から感謝いたします。

・坂本さんのおかげで人生が変わってしまうほどの感動する体験ができました。

・ひでさん、てるみさん、ありがとうございます。

 

・スターゲイトを超えたが、ちょっと戻って銀河コアのブラックホールに入ってみた。

・吸引/放出のエネルギーに翻弄されて、くるくる回転しているうちに寝落ちた。

・トランスディメンショナルリンクアップの1時間15分は堪能した。

・終わってシャッキリ目が覚めた。

・毎度お世話になっています。

・トレーナーの方々の体験には毎回触発される。

 

SLR2022_06.jpg

 

・大変お世話になり、ありがとうございました。

・皆さんとお別れした後、グランディングするにつれて、私は、あまりにも謙虚から程遠い発言ばかりして(ガイドに注意されたばかりなのに・・)、後悔の念で、冷や汗が出ている。

・頭の中が壮大なイメージになっているので、「全宇宙」「全人類」とかそんな感覚と使命感でいっぱいになっている自分を、なんとかしなければ、と思っている(笑)。

・次回、どこかでお会いする時までに、この自分をなんとかしたい。

・今回の体験をしっかり頭に叩き込んで反省し、謙虚で柔らかい人柄になれるよう努力します・・・。

・UFO体験は強烈だった。引き続き、家でも観察を続けます。

・F27の向こうのモンロー研に行くたびに、水晶のところでモンローさんとハグしていた。

・自分のイメージでは、小高い山の上の古い木造の学校のような感じで、金色の柔らかい光が降り注いでいる中、いつもモンローさんはそこの校長先生みたいな雰囲気で立ってくれている。

 

・UFO(らしき)飛行物体も観察出来て、(非物質だけど)宇宙人との遭遇もできて、大満足の体験ができた。

・グループエネルギーも強く、おかげさまでヘミシンクでの体験も色々とできた。

・特にF42のポータルルームは使いやすく、忘れていた遠い過去の記憶を思い出すこともできた。

・今回も楽しませていただきました。ありがとうございました。

 

SLR2022_07.jpg

 

・コンタクトワークでは、発光を見逃してしまった。

・けれど、室内では何かの存在を感じた。

・とても暖かくてやさしい光のようだった。

・プレアデスの存在から以下のメッセージをもらった。

・「プレアデスの存在の仲間であることを思い出してください。」

・「この活動と私たちの意識の進化に興味を持ってみています。」

・「今日はお招きいただきありがとうございます。」

・毎晩のコンタクトワークが充実していて、室内での瞑想もあり、内外のバランスが良かった。

・ここ数年参加しているが、星空は一番条件がよくて、星団や出ている星座はほとんど見られた。

・今回はI/ThereクラスターをF42だけではなくEC42でも感じられ、相方がうつし鏡になっていて、そこにエネルギーをつなげて地球と宇宙を繋ぐという感覚があった。

・とっても楽しかった!食事もおいしかった。

・夜は星三昧でとても充実していて満足。

・坂本さん、ヒデさん、てるみさん、とても楽しくリラックスして過ごせました。

・色々お気遣いいただきありがとうございました。

・プログラム構成がよくなって、理解しやすかった。

・ビデオのチョイスもGOOD!

 

SLR2022_08.jpg

 

・今回もまたより内面に深く入っていくセミナーになった。

・リユニオンに続く次のコースを作ってほしい。

 

・5年かけてついにリユニオンまで受講した。もはや思い残すことはない(?)

・生まれて初めて、未確認飛行物体なるものを見られてうれしかった。欲を言えば、もっと派手なのが見たい。V字ターンするとか、編隊飛行するとか、着陸するとか。

・スターゲイト超えも何回目かで、あまり感動は無くなったが、落ち着いてアレコレ見られるので発見があって楽しい。

・地球コアとそこの存在が好き。フォーカスレベルの変化で、ポケモンのように進化する。

・曇天の晩に屋内でコンタクトワークを行なった。多くの参加者が、非物質の存在がやってきたのを感じていたが、自分はまったく認識できなかった。

自分にはそういうセンスが1ミリもないことを実感した。まぁ、いいけど。

・共に旅する仲間たちが最高にいい。

 

SLR2022_09.jpg

 

 

 

【編集後記】

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ヘミシンク体験の集大成となるスターラインズ・リユニオンですが、小淵沢という清涼な環境の中、皆さんとても有意義な体験ができて大満足だったようです。

今後もヘミシンクを続けることで得られる、さらなる体験・気づきを楽しんでいってください。

 

というわけで、次回の発行予定は、2022/7/8(金)~7/13(水)の 第17回 エクスプロレーション27(女神の森ホリスティックセンター/ルラシュ@八ヶ岳南麓、小淵沢)をお届けします。

 

それでは、次号をお楽しみに。

 
 
◆モンロー研究所プログラムのスケジュールはこちら
 
 
SLR2022_10.jpg
TOP