AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • YouTube
  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

アクアヴィジョン・タイムズAquavision Times

アクアヴィジョン・タイムズ

新☆アクアヴィジョン・タイムズ VOL.052

2022年10月23日 01:32

カテゴリ:新アクアヴィジョン・タイムズ

2022年10月

第16回 スターラインズ

 

. 

 

 
 
SL2022_320.jpg
 
 
 

みなさん、こんにちは。

「新☆アクアヴィジョン・タイムズ」です。

 

今号は、10月7日~10月12日に開催された「第16回 スターラインズ(SL)」のレポートです。
会場は、女神の森 ホリスティックセンター/ルラシュ(八ヶ岳南麓、小淵沢)。
 
今年で16回目の開催となるスターラインズ。
このプログラムは、太陽系、銀河系を超えた宇宙探索を可能にするものです。
しかし、それは同時に、大いなる自己を知る旅でもあります。
 
フォーカス34/35を足掛かりとし、フォーカス49を通って、さまざまなエネルギー・システムに触れる中で、新たな、そして大きな気づきを体験することができます。
 
担当トレーナーは、坂本 政道(Mas)、西 宏(Hiro)、事務スタッフとして清水 照美の3人でした。
Mas、Hiroの報告の後、参加者の方々の体験談が掲載されています。
最後まで、どうぞお楽しみください。
 
 
新☆アクアヴィジョン・タイムズ編集部

 

 

 
 
 
以下の 続きを読む をクリックしてお楽しみください。
 
 

 

 

【1】多次元的なスターラインズ(坂本:Mas)

 

sl2022_04.jpg

 

9月のゲートウェイ・ヴォエッジに引き続き、小淵沢のルラシュで開催しました。
 
参加された方の多くが7月のX27からそのまま来られていたので、最初からアットホームな雰囲気の中、開催できました。
多くの方が深くリラックスできて、有意義な時間を過ごされたように見受けられました。
 
スターラインズにはいくつかのメインテーマがあります。
 
テーマの一つは、地球外のさまざまな生命系で生きる自分の仲間たちを知ることです。
こういう存在たちは、モンローの言うところのI/ThereやI/Thereクラスター、さらにはその上の段階の集団の一員です。
つまり、大きな意味での自分たちです。それは時間を超えた存在なので、他の星にいた過去世の自分を含みます。
そういう自分たちを知るために(思い出すため)、フォーカス34/35、42、49という意識レベルで、太陽系内、銀河系内、銀河系外を探索します。
 
今回もこのテーマに沿った体験をされた方がいらっしゃいました。
たとえば、オリオン大戦の時の過去世記憶が出てきたという方。
あるいは、地球に来る前にどこにいたのか、地球にはどういう役割で来たのかわかったという方。
 
スターラインズには、他にもテーマがありますが、今必要としていることがスターラインズの場を借りて体験されるということも起こります。
その結果、体験は複合的で、内面的で、エネルギー的なこともけっこうあります。
そういう場合、言葉に表すのが難しく、また、理解や消化するのに何日も何週間もかかることがあります。
 
今回もこういう感じの体験を多くの方がされていたようです。今後、徐々にその効果が出てくると思います。
 
いずれにせよ、素晴らしい時間を、ありがとうございました
 
 
 
 
 

 

【2】パワフルでハートフルなスターラインズ(西:Hiro)

 

 

sl2022_05.jpg

 

日本開催が16回目のスターラインズ、そして私にとっては5回目のスターラインズ。

 

今回のスターラインズは参加者8名と、こぢんまりとしたグループにもかかわらず、

そのエネルギーはとてもパワフルで、みなさん素晴らしい体験をされていました。

 

体験の詳細は後半の参加者体験談に譲りますが、少人数ならではの一体感から

日を追うごとにそのエネルギーは一体感を増して行きました。

 

穏やかでありながらもパワフルな5泊6日。

それぞれの参加者が満足できる時間を過ごされたと思います。

 

そんな時間を共有できたことは私にとってもこの上ない幸せなひとときでした。

 

参加者の皆さんに感謝し、今後のご発展をお祈りします。

どうもありがとうございました。
 
 
 
 
sl2022_06.jpg
 

 

【3】参加者体験談(アンケート抜粋)

 

セミナーの最終日に書いていただく、参加者アンケートから。
体験談をいくつか掲載します。読みやすいように多少手を加えさせていただいていますが、生の声です。
それでは、お楽しみください。
 
 
◆◇◆
 
 

・F42で、体脱してしまうのではないかと思ってしまうほどの上昇感、トンネルの中をものすごいスピードで移動していくような移動感を感じた。

・遺跡にある壁画の幾何学模様や、背が低く杖をついて耳が大きい存在、お祝いの場でお盆に丼物がいくつか載っているのを知覚することができた。

・坂本さんの死後体験を読んで、いつかはスターラインズを受講したいと思っていたので、今回は念願が叶い嬉しかった。

・上記の体験ができたのは集団のエネルギーによるところが大きかったと思う。

・坂本さん、ヒロさん、てるみさん、参加者の皆様ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

 

sl2022_01.jpg

 

・自分がどの星からどんな役割をもって地球にやってきたのかが、感動とともに体験できたセミナーだった。

・今回はとてもドキドキだったが、皆さんの温かいエネルギーに助けられて楽しくリラックスして過ごせた。

・スターラインズは本当に充実した内容で、初めて知る広大な宇宙の不思議さに、凄さにただただ驚くばかりだった。

・頭の中が銀河でいっぱいになった5泊6日だった。

・「喜びはない、悲しみもない、ただ愛があるのみ」のメッセージが心に残った。

・今回、スターゲイトも無事に超えられ、さらにその先の銀河の旅に行けたのは、坂本さん、ヒロさん、そして今回ともに宇宙を旅した仲間の集団エネルギーがあってこそだった。

・参加者の皆さん、心から感謝します。ありがとうございました。

 

sl2022_07.jpg

 

・私の過去世で、オリオン大戦の時に白鳥座のデネブの惑星系で、パイロットとして活動している事が判明した。

・今回の目的の一つ、「オリオン大戦で私はデネブで何をしているのか知りたい」を達成することができた。

 

・天体・宇宙の知識を美しい画像とともに教わり感激だった。

・宇宙に馴染めた。

・意識でも地球コアから銀河系、さらに深く経験できた。

・色々な気づきが繋がることがあった。

・神秘の魅力を感じた。

・とても楽しかった。

 

sl2022_09.jpg

 

・F49でI/Thereクラスターのクラスター(スーパークラスター)を認識できたことが嬉しかった。

・巨大な六角形のボール状(小さな星くらいの大きさ)になっていて、無数の白いパイプ状のもので繋がっていて、私がその中に入ると白やところどころ金色に点滅し、脈動し始めた。

・エネルギーをその中に蓄えていて、必用な時に光線のように放出できる。

・昨年、私に降りて来た白い光のエネルギー(手から出るヒーリングエネルギー。肉体を癒す)は、このスーパークラスターが源泉であるとわかった。

・自分を癒しているのが自分であり、自分が今の自分にメッセージを伝えてくれていて、すべて自分なんだと気づいた。

・大きな気づきだった。ありがとうございました。

 

sl2022_08.jpg

 

・最終セッションのモンローさんのお言葉を聞いた時には、何か・・・力が抜けた。

・すべてOK!!腑に落ちたということだと思う。

・もちろん、今の自分の中においてです!

・部分的には、メモリールームにて、坂本さんに大変お世話になったことを具体的に思い出してみたいと思う。

・今回、参加者のみんなのエネルギーの統合によって気づかされたような気がする。ありがとうございました。

・日常に戻った時に、何かスムーズにいきそうな気がする。

 

sl2022_02.jpg

 

・今回スターラインズ3回目の参加で、とてもスムーズに体験できたことに、回を重ねるとこれ程違うのだ、と驚いた。

・宇宙は広大過ぎてまだまだ謎だらけだが、それでも少しずつ未知が既知になっていく喜びにワクワクだった。

・印象に残った体験もたくさんあった。

・内容もさることながら、あちらとの繋がりがしっかりしてきた実感がある。

・その一つとして、「このことについて情報が欲しい」と思っていたら、それは最終日のセッションで聞くとよい、と言うメッセージが来た。

・最終日の朝、セッションの説明をしながら、坂本さんが、私が聞きたかったことの一部を話し出した。

・その続きは、セッションの中でガイドさんからしっかり受け取れた。

・最後はガイドさんチームとハイタッチして、うまくいったね!と喜び合った。

・とてもうれしく、楽しかった。

 

sl2022_10.jpg

 

・宇宙探索は自分探索であることに気づいた。

・スターゲイトを超えた先にはまた別の宇宙があり、それは自分の体の中の細胞であることが分かった。

・つまり、意識は宇宙のような広大な世界にも、細胞のようなミクロな世界にも行けることが分かった。

・アークトゥルスの存在から、私が今の地球に3人いることを教えてもらった。

・地球での母親がオリオンのミンタカでも母親をやってくれていたことがわかり感動した。

・F42でI/Thereクラスターに出会えて感動した。

・坂本さんのダジャレは今回も絶口調でした。ありがとうございました。

 

sl2022_11.jpg

 

 

【編集後記】

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スターラインズはフォーカス49まで堪能できるプログラムだけあって、参加者の皆さんはみな興味深い体験ができて大満足だったようです。

 

今回の体験をしっかりと消化して、スターラインズⅡに進んでいただければと思います。

 

 

というわけで、次回の発行予定は、2022/12/16(金)~21(水)の 第14回 スターラインズⅡ(一宮シーサイドオーツカ(千葉県 九十九里))をお届けします。
 

それでは、次号をお楽しみに。

 
 
◆モンロー研究所プログラムのスケジュールはこちら
 
sl2022_03.jpg
TOP