AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

アクアヴィジョン・タイムズAquavision Times

アクアヴィジョン・タイムズ

新☆アクアヴィジョン・タイムズ VOL.021

2018年9月21日 09:00

カテゴリ:新アクアヴィジョン・タイムズ

 

2018年9月

第37回 ゲートウェイ・ヴォエッジ

 

. 

 

GV Ubercart_21.jpg

みなさん、こんにちは。

「新☆アクアヴィジョン・タイムズ」です。

 

今号は、9月7日~9月12日に開催された「第37回 ゲートウェイ・ヴォエッジ(GV)」のレポートです。

会場は、千葉県九十九里浜の「一宮シーサイドオーツカ」

 

ゲートウェイ・ヴォエッジは、モンロー研究所プログラムの中で、最も中核に位置するものです。

このプログラムでは、ヘミシンクの基本的なツールとテクニック、そして意識の成長の可能性について学び、ヘミシンク・セッションたっぷり体験します。

 

「自ら答えを見つけられるようにサポートします」というのが、モンロー研究所のスタンスです。

もちろん、トレーナーからお伝えしたり導いたりしていく部分もありますが、実際には、皆さんご自身で各自のテーマについて探求し、ときには参加者同士で助け合いながら、自ら結論を出し、そこに到達していくのです。

今回のプログラムでも、日を追ってグループ・エネルギーが高まり、相乗効果によって皆さんの体験が深まっていったようです。

 

担当トレーナーは、坂本政道(Mas)大野光弘(Mitsu)尾方文(Aya)の3人でした。
トレーナーの報告の後、参加者の方々の体験談が掲載されています。
最後まで、どうぞお楽しみください。

 

新☆アクアヴィジョン・タイムズ編集部

 

 

【1】やっぱりゲートウェイ・ヴォエッジはすごい(坂本:Mas)

【2】素晴らしきグループエネルギー(大野:Mitsu)

【3】今までと違う、新しい流れが始まった?(尾方:Aya)

【4】参加者体験談(アンケート抜粋)

【5】編集後記

 

 

以下の 続きを読む をクリックしてお楽しみください。

 

 

 

【1】やっぱりゲートウェイ・ヴォエッジはすごい(坂本:Mas)

 

DSC_0017.JPG

 

ゲートウェイ・ヴォエッジには、ヘミシンクを聴くのが初めての方から、自宅などで何度も聴いている方まで、幅広い方が参加されますが、
多くの方が参加して良かった、このプログラムでしか体験できないことを体験できたという感想を持たれています。

 

この背景には、心から安心できる環境で、毎日毎日ヘミシンクを聴き、変性意識に深く入っていくことがあります。

 

それと同時に重要なことは、共通の興味を持った人たちと共に過ごすという点です。

その結果として、皆が共通の意識状態へ入りやすくなります。

 

またガイドたちの手助けがあり、その人にとって今一番必要とされていることを体験します。

 

今回も、体験の詳細は各人各様でしたが、それぞれに意義深い体験をされていたように見受けられました。

 

モンロー研で40年にわたり開催されているプログラムは、やはりすごいとあらためて思った1週間でした。

 

それにしても楽しい一週間でした。

 

ありがとうございました。

 

坂本政道(Mas)

 

DSC_0011.jpg

 

 

【2】素晴らしきグループエネルギー(大野:Mitsu)

 

DSC_0040.JPG

 

37回目の「ゲートウェイ・ヴォエッジ」のアシスタントを担当しましたミツ大野です。

 

さすがに九月も半ばになると、この夏の信じられないほどの猛暑は嘘みたいに和らぎ、かなり過ごしやすい環境の中でプログラムを開催することができました。
会場は、いつもの九十九里のホテル「一宮シーサイドオーツカ」。
今回のグループは16名。北から南まで、全国各地からご参加いただきました。
年齢もバラバラなのですが、ヘミシンクの宿泊プログラムのスゴイと思うことは、性別や年の差は関係なく、まるで昔から知っていた友達のように仲良くなれるということです。
意識の深い部分を一緒に探索し、それを語り合った仲間だからでしょうか・・(笑)

 

そんな仲良しグループでも、初日は皆さん緊張されていて、口数はかなり少ないものです。
それが、日が経つにつれて徐々に打ち解けてきます。
今回の「ゲートウェイ・ヴォエッジ」ではテーブルシェアの機会が多めに取られました。
4人掛けのテーブルが4つあるのですが、それぞれのテーブルで各自のヘミシンクの体験を順番に発表していきます。ここで小グループ内でのまとまりが出来るのですが、面白いことに、その後のヘミシンク体験の中で同じテーブルの人が出て来たり、感じられたりするのです。
更に翌朝には、それぞれ他の席に移動しますので、翌日には別の小グループが出来ています。
これを繰り返す内に、ほとんどの参加者の話をしたり聞いたりすることになります。
これによって、グループ全体でのシンクロも多発し、多くの方がセッション中に他の参加者を知覚することになります。
今回はこんな体験が多く見られたように感じています。

 

個人的な体験ですが、
スーパーフローという1時間半もあるセッションの時に、いつもの様にミーティングルームにいる参加者全員の姿が見えてきました。
ちょうどテーブルシェアをやっている時の光景でした。
参加者の皆さんはいつも通りでしたが、いつもと違っていたのは、皆さんの後ろ側に何人もの存在が立っていたからです。まるで授業参観に来た父兄の様です。
もう少し注意深く見ると、後ばかりではなく、部屋の中央にもいます。
更にはホテルの玄関やロビーにいたり、プルサイドで遊んでいる姿もありました。
全部、非物質の存在、いわゆるガイド達でした。
1人につき10人~15人くらいのトータルセルフのメンバー(ガイド軍団)が遊びに来ていましたので、これが16人分ですから相当な数です。
それが他の人のガイドグループと交わって、更に大きなエネルギーを形成していますので、圧巻の光景としか表現できません。
すごいものを見させていただきました。
すごいエネルギーに触れさせていいただきました。
本当に、ご一緒させていただいた皆さん全員にお礼を申し上げます。

 

素晴らしきグループエネルギー、素晴らしき皆さんのガイド達、そして素晴らしきヘミシンク。
そのすべてに感謝です。

 

大野光弘(Mitsu)

 

DSC_0013.jpg

 

 

【3】今までと違う、新しい流れが始まった?(尾方:Aya)

 

DSC_0015.JPG

 

第37回GV、振り返るとみなさんのやさしさがよみがえって来ます。
ベテランの方から、初めてCD聴きますという方まで幅広かったのですが、お互いに気配りされて、それぞれご自身のテーマを大事に体験されている様子が素晴らしいと思いました。
大人のやさしさというのでしょうか、周囲を思いやる自然な心配りがあり、その中でユーモアあふれる絶妙なツッコミも入りという、あたたかいグループでした。

 

ところで今回印象的だったのは、初めてのことがいくつかあったこと。

 

1つめは、お昼休みに海に行ってみたら、見たこともないくらい潮が引いていました。
ちょうど大潮の日だったとはいえ、これまで何十回も来ている坂本さんも「こんなの初めて見た」と言うほど、見慣れた海と違っていました。

 

DSC_0063.JPG

 

2つめは、恒例になっている玉前神社にお参りに行くと、ちょうどお祭の日と重なり、お神楽を見ることができて、甘酒まで振る舞ってもらいました。何回も訪れていて初めてのことです。
帰りの車の窓から空を見ると、目の前に巨大な龍の形の雲が浮かんでいました。虹を見た方もいらっしゃいましたね♪

 

DSC_0053.JPG

 

3つめは、長年使っていたコーヒーメーカーが壊れ、新品に変わったこと。
セミナー中に届き、新製品の性能のよさに驚きました。コーヒーも美味しくなりましたよ(^^)

 

DSC_0039.JPG

 

4つめは、喫煙コーナーで一緒になったおじさんから、新品の靴下をプレゼントされたこと。
おしゃべり好きな方で「定年後も会社に残ってって言われたら、給料上がったんだよ~」とか、「80代の人も一緒にテニスやってるよ、みんな元気でね」、なんて景気のいいお話を楽しく聞いてたら、「これもらったんだけど、僕には大きいから誰かにあげて」と靴下(男性もの28センチ)をくれたんです。
これも何度もこのホテルに泊まってますけど、初の出来事でした(笑)。

 

DSC_0029.JPG

 

何度も同じことをしているのに初めてのことが起こるって、大事なサインでは・・・「今までと違う」「新しい」というメッセージかなと思いましたが、参加されたみなさんは、お帰りになってからいかがですか?
見慣れた景色が違って見えたり、思わぬ変化が起きたり、やたらゾロ目が続いたり・・・何かしら、あれ?ということが起こっていませんか?
この変化は、ライフラインあるいはガイドラインズ、エクスプロレーション27、スターラインズと参加するうちにどんどん加速していきます!・・・と、最後は宣伝のようになってしまいましたが (^_^;)、これからもヘミシンクを使って未知の探索をいっぱい楽しんでくださいね!

ご一緒できて幸せでした。
ありがとうございました。


尾方 文(Aya)

 

DSC_0030.JPG

 

 

【4】参加者体験談(アンケート抜粋)

 

セミナーの最終日に書いていただく、参加者アンケートから。
体験談をいくつか掲載します。読みやすいように多少手を加えさせていただいていますが、生の声です。
それでは、お楽しみください。

 

◆◇◆

 

image11.jpeg

 

  • サイレントウォークで経行(きんひん)をしてみたが、庭師の方の眼や挨拶されて返答できない罪悪感で、自分の心に思考が起こってしまうことに気がついた。歩き方が不正確になった際も、判断の思考が発生した。(完全に観照意識に到達するための課題が確認できた)
  • スーパーフローのフォーカス10では、参加者の方たちと雑談するイメージがわいてきたが。フォーカス12〜フォーカス21で日本神話の神に会った。ガイドに「日本の神話は詳しくなく、あまり興味もない」旨を伝えたが、「自分の魂のルーツを分かっていないため、そのような発言をする」とのこと。
    物質の時間と魂の時間は、ある意味逆方向で、魂は完成の側から引き寄せられているので、創世記を含む神話は、原初の到達点として読む必要があるとのこと。(完成の先に次の周期の宇宙から引かれている)
    神の殺害を述べた物語は、魂のある段階で取得できる特性として読むこと、男女など二極性を持つ神々は、逆順に克服される二元性を示していることを教えられた。
    二元性の中で最後に克服される要素は、快、不快など最も基本的な特性であり、建物の移築と同じく、最初に据え付けられた土台が、最後に移動準備が整うとのこと。

 

DSC_0024.JPG

 

  • 肉体以上の存在であるということを確信する。
  • 自分では想像できないだろうと思える映像がたくさん見えた。文字もたくさん見えた。
  • 前回(前世で)守ってあげられなかった赤ちゃんを感じることができて、すごく倖せな感じを味わえた。
  • 未来の自分が今の自分を抱きしめてくれている感覚が出てきて、とても安心だった。経験できてよかった。
  • 生きていることや、人としてこの星にいるとかの壮大なテーマに、答えをくれるような経験ができる特別なセミナーであり、ツールでした。
  • (このプログラムを)提供して下さり、紹介して下さるアクアヴィジョンさんに感謝です。ありがとうございました。

 

DSC_0026.JPG

 

  • 映画『スープ』で、生瀬さんがスープを飲まずに池に飛び込んだ瞬間、光に変わったシーンを見て、以前フォーカス27上級コースで亡くなった方と会った時、その方がフォーカス27の公園から走り、その先の崖から飛び降りる瞬間に、やはり光になったのを思い出しました。
    自分の妄想と思っていましたが、あながち間違ってはいなかったかなと答え合わせができた気がしました。
  • 自分の体験も面白かったですが、参加者のみなさんのお話を聞くのも、笑いが絶えないのも楽しかったです。普段の生活では話せないようなコアな話題ができるのも、ここ(ヘミシンク・セミナー)ならでは だなあと思います。

 

  • あっという間の5泊6日でした。スケジュールがみっちりでしたが、仲間との共有、シェアで自信がつきました。
  • ここしばらくは、すっかりヘミシンクと離れていたので、参加する前は付いて行けるかどうか心配でしたが、いざセミナーに入ってしまえばそのようなことはなく、また各サポート、フォローもありがたかったです。
  • CDをたくさん買ったので、これからはヘミシンクを生活の一部に取り入れてゆくつもりです。
  • マスさん、ミツさん、アヤさん、細やかなサポートをありがとうございます。ダジャレ楽しかったです。他のワークショップも興味津々です。

 

DSC_0028.JPG

 

  • 今回参加した目的は、自分が体験しているヘミシンクが本当に本来のヘミシンクの体験なのか、確信を持ちたかったのと、自分のガイドを認識することでした。結果として、2点とも目的を達成することができました。
  • 1週間で20本以上のヘミシンクを聞き、その上での参加者の方の数多くの体験シェア、トレーナーの方々の豊富な経験談を共有して頂きました。この1週間で自分のヘミシンク体験を豊富な視点で見直すことができ、これまでと、これからのヘミシンクに自信が持てるようになりました。
  • ガイドに関しては、5つの問いの最後のメッセージで、自分のガイド情報が受け取れました。
  • ゲートウェイ・ヴォエッジに参加していなかったら、絶対に得ることができなかった多くのものを頂きました。
  • 1週間のセミナーも、終始いい雰囲気で楽しく、しかもヘミシンクに集中できる環境を用意して頂き、トレーナーの方の様々なご配慮、心遣いに感謝いたします。
  • 坂本さんのお話は、引き締める部分とダジャレの絶妙なタイミングに、難しいお話もすんなり入ってきて素晴らしかったです。
  • 大野さんのリラックスした雰囲気が心地よく、またアナウンスの「行ってらっしゃい」がとても温かくよかったです。
  • あやさんは終始セミナーが円滑に進むようご配慮されていて安心してセミナーが受けられました。坂本さん、大野さん、あやさん、本当にありがとうございました。

 

DSC_0041.JPG

 

  • 予備知識もほとんどなく、初めて参加させて頂きました。
  • 最初は半信半疑でしたが、フォーカス21でこの4年間苦しんできた病の解決に結びつけることができました。ヘミシンクの出会いに心から感謝しております。
  • 今後もさらなる体験を深めていければと思っております。ありがとうございました。
  • 朝早くから夜遅くまで充実したプログラムを構築、実践して下さって本当にありがとうございました。

 

DSC_0042.JPG

 

  • ヘミシンクは初めての体験でした。フォーカス10では身体の重さを実感できました。同時に“動”と“反動”を体感できました。
  • フォーカス12では体外離脱を体験できました。意識の無限の拡大はとても快感でした。
  • フォーカス15では時空間を超えた世界を存分に楽しむことができました。
  • フォーカス21ではモンロー氏から直接いろいろ大切なことを教えて頂けました。
  • これからの天命天職がこれまでよりより一層明確になり、またソウルメイトと呼ぶべき人たちのことも、これからすぐに出会うべき人たちのこともよくわかりました。
  • ヘミシンクの今後の可能性も、未来世を通じて鮮明に見せて頂きました。
  • 毎日朝から晩まで、みっちりと体験させて頂きありがとうございます。
  • 坂本先生のやさしさがあふれ出ているセミナーで、とても心地よい日々を過ごさせて頂きました。

 

DSC_0057.JPG

 

  1. 父と交信できたこと。姿を確認でき、今後の通信手段の打ち合わせができた。
  2. 大阪なおみ選手のVを予想できたこと。(メッセージをもらったときは不明だった“雷鳥”はブーイングのことだった!)
  3. フワフワスポンジケーキ(ピュアな幼い私の心)から、待ち針を1本残らず抜いたこと。
  4. 天空に勝手にお風呂を作って入ったこと。
  5. 坂本さんの宇宙の構造の話が楽し過ぎた。(感覚で私たちは一つとか言われても半信半疑でしたが、すぐ納得できました)
  6. ヨーダやごぼう星人を目撃したこと。
  7. 隣の建物がモンロー研そっくりだったこと。
  8. たくさんのC1の仲間に出会えたこと。体験をシェアできたこと。
  • 参加できて心から幸せでした。今後もずっと続けていて下さい。スターラインズ必ず受けに参ります(宣言です)。
  • 坂本さん、トレーナーのみなさま、私のガイドさんたち、一緒に体験してくれた参加者のみなさん、大好きです!本当にありがとう。

 

image18.jpeg

 

  • いつもよりフォーカス10へ入りやすく、イメージがわいてくることが多かったのでよかったです。
  • 皆さんの体験がきけるのが参考になりました。
  • いろいろワークがあって、変化があって楽しいものでした。

 

  1. 準備のプロセスができるようになった。
  2. フォーカス10、12、15、21それぞれの感覚が得られた。そこで能動的体験ができると面白いのでしょう。
  3. リリースとリチャージの必要性、重要性を感じる。できているそうだが、できるようにないたい。ぎこちない。苦手なものがわかった。自由になれることを期待している。
  • スピリチュアルに関する知識や体験の豊かな方が多く、圧倒された。全体の雰囲気は大人な感じで、ハイレベルな集団の中でちょっと困った。でも楽しい雰囲気が良かった。
  • 坂本さん、ミツさん、あやさんのシェア、参加者の受け止め方がよかった。ありがとうございました。

 

  • 自分の中でエネルギーが変わったこと、知覚が広がったことは実感できました。

 

DSC_0020.jpg

 

  • 今まで本で読んだ知識だけでしたが、もっともっとリアルに自分ごととして感じられるようになりました。
  • 本格的に自宅で探索するはずみがつきましたので、これからが楽しみです。少し慣れてきたら、もっと上級も受講してみたいと思っています。
  • 坂本さんと2名のスタッフで、充実したセミナー体験ができました。坂本さんとスタッフの掛け合いが漫才のようで面白かったです。トラブルに感じたことはなかったです。ホテルライフも気持ちよく過ごすことができました。

 

DSC_0066.JPG

 

 

【編集後記】

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

次回以降の発行予定は、10/5(金)~10/10(水)の 第12回 スターラインズ(一宮シーサイドオーツカ@九十九里)をお届けします。

 

それでは、次号をお楽しみに。

 

◆モンロー研究所プログラムのスケジュールは〈こちら〉から。

 


TOP