AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME 体験シェアルーム ピラミッド覚醒コース

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

「ピラミッド覚醒コース」の一覧

ニックネーム : ユー

 平成31年1月6日に『ピラミッド覚醒コース』に参加しました。このコースではF27にあるピラミッド内の『聖なる空間』で衝撃的な体験をし、前回シェアルームに投稿させていただきましたが、その後も日常生活の中で驚異的な変化が続いており、ご報告させていただきます。

 セミナーの翌日にとてもリアルな夢を見ました。古い古い時代、ぼくは用事があって山を越えようとしていました。しかしその山には猛獣がいて、とても危険な山でした。どうしても行く必要があって出かけましたが、遠くにその猛獣が見えます。その猛獣の周囲には駆除するためのチームがおり、みんな武器を持っています。そしてその猛獣は彼らから逃れるためにものすごいスピードで逃げて、ぼくのほうに向かってきました。ぼくは強烈な恐怖を感じて必死に逃げ、なんとか隠れることができたところで目覚めました。起きた時は恐怖で冷汗をかいており、しばらく動機と震えが止まりませんでした。セミナーで、陽転反応が起こると聞いていたので、潜在意識の恐怖ともしかしたら過去生の記憶がでてきたのかもしれないと思い、感情を味わった後リリースしました。
 その後も数日おきに悪夢をみました。陽転反応の話を聞いていなかったら、『ファラオの呪い』かと錯覚するところでした。
 また、朝から理由もなくイライラして怒りの感情がわいてくるということが2回ありましたが、こちらも陽転反応だろうと思い、自己観察をしていたら半日ほどでイライラは消え去っていきました。

 これらの変化は3週間くらい続き、その後は起こらなくなりました。そして、その後に新たな変化が始まりました。

 1つ目の変化は、シンクロニシティが増えてきたことです。たくさんのシンクロニシティが起こりましたが、1つあげると自然薯が体にいいという話を聞き、ネットで調べましたが売っているところが遠いところばかりで諦めていました。その翌日に研修会があり、帰り道が混んでいたので別の道を通ったらなんとそこに『自然薯・直売場』の大きな看板がありました。びっくりしました。

 2つ目の変化は、入浴中に起こりました。先日理由もなくイライラしたのは何故だったんだろうと考えていたら、突然過去にイライラして怒ったときの情景がいくつも走馬灯のように浮かんでは消えていきました。またその時の相手の困惑した感情も感じ取れました。これは死後に体験すると言われている言われているプロセスを今体験したように感じました。

 3つ目の変化は、現実を創造しているのは自分であることを感じられる場面が増えたことです。これもいくつも体験しました。例えば、1ヶ月半に1回急患センターの当直に行っていますが、通常の診療後直ちに急患センターに行き、19時から翌朝6時まで救急の業務に携わります。そして朝9時からまた通常の診療にあたるという結構過酷な業務です。通常は2時間寝られればいいほうで、最悪30分の睡眠ということもありました。それが先日は、19時から朝の1時30分まで働き、「もう寝る。朝に会おう。」とスタッフに言って寝たところ本当に朝6時まで患者さんが来られず、4時間半も熟睡できました。初めてのできごとでびっくりしました。

 4つ目の変化は、ひらめきが増えたことです。入浴中や朝の洗顔時にひらめくことが多くなり、数年来の懸案事項がいくつか解決しました。

 これまでもヘミシンクのセミナーではたくさんの体験、気づきがありましたが、セミナー後にこれほど多くの変化を体験したのは初めてです。また、これまで以上に現実世界の重要性を認識できるようになったことが大きな収穫だったと思います。引き続きこの変化を楽しみながら、また『ピラミッド覚醒コース』に参加し、F27のピラミッドのさらなる探求をしていきたいと思います。今の気持ちは、『インディー・ジョーンズ』さながらです。第1話が終わり、第2話が幕を開けようとしている・・・・。


コメント(2)

ニックネーム : ユー

 平成30年1月6日に青山で開催された『ピラミッド覚醒コース』に参加しました。"古代エジプトとアトランティスの英知の復活"というサブタイトルがついたチャレンジングなコースですが、その名に恥じないエキサイティングなセミナーでした。4つのセッションからできており、最初の3つのセッションで振動数を上げ、最後のセッションで『聖なる空間』を目指します。

 驚愕の体験は、最後のセッションで起こりました。まずこのセッションの冒頭F10あたりで、ファラオが微笑んでいるビジョンがみえ、テンションは一気に上がりました。そして、F27のピラミッドの中の高周波数の領域に行くと、そこはおびただしい数のダイヤモンドで埋め尽くされていました。同じ場所はセッション1-3でも訪れましたが、それまでに見た光景とは全く違っていました。
 そのきらびやかな光景に目を奪われていたら、『聖なる空間』への扉を開けましょう、というナレーションが聞こえてきました。辺りを見まわすと、インドの宮殿のような建物とドアが見えました。「ここだ!」と思って開けたら、巨大な岩の壁が立ちはだかっており、わずかに人が1人通れる狭い通路がありました。そこを進んでいくと(インディー・ジョーンズの気持ち・・・)、通路の横に岩でできたドアがありました。そのドアはなかなか開きませんでしたが、ハートを使ってなんとか開けることができました。すると、すごく大きな空間が現れ、部屋の中は金銀財宝で埋め尽くされていました。あまりのすごさに見とれていましたが、せっかくなので少しもらおうと手に取った瞬間に、それらの財宝はがれきの山になってしまいました。これはどうしたことかと、茫然としてがれきの中を歩いていたら、そこは突然、真っ暗な空間に変わってしまいました。
 びっくりしてしばらくその空間に漂っていましたが、メッセージをもらうことを思い出してお願いしました。すると声が聞こえてきました。「お前は今回、地球で何がしたいのか?」そこで、一生懸命考えて、「地球での体験を楽しみたい。またたくさんの智慧を得て、人々の役に立ちたい。」と答えたところ、「まだある!」という返事が返ってきました。さらに考えていたところ、帰還命令がでたので、後ろ髪をひかれながら帰還の途につきました。「すごかったなー」と思いながらF10まで戻ったところで、突然「人と人との交流によって変容が起こることを学びたい」という希望もあることに気づきました。すると、「そうだ!よく気が付いた!お前は今日あの空間に行ったが、これで覚醒したのではない。今回気づいたことを日常生活で実践していくことによって、覚醒の道を着実に歩くことになる。」という返事が返ってきた。驚愕の体験であった。セッションが終わっても、しばらく動悸が止まらなかった。

 今回のセミナーでは、覚醒のための大きなヒントを得ることができました。すなわち、覚醒のために自分が何をすればよいのかがわかり、また覚醒のためにはヘミシンクのようなセミナーで気づきを得て、それを日常生活で実践することの2つが必要であることもわかりました。とてもとても大きな収穫でした。
 今回の体験に導いてくれた坂本さん、あやさん、スタッフのきくのさん、またとても大きなグループ・エネルギーをともに創ってくれた参加者の皆様、深く深く感謝いたします。ありがとうございました。


コメント(4)
TOP