AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME 体験シェアルーム エクスカージョン・ワークショップ

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

「エクスカージョン・ワークショップ」の一覧

ニックネーム : TAKI

 私も8月10日~11日のエクスカージョンに参加させていただきました。講師のミツさん、ミーさん、そしてAOYAMAさんはじめ参加者のみなさん、貴重な出会いをありがとうございました。私は初めての参加だったので、「どんな神秘的なところなのだろう。」、とドキドキしながら行きましたが、ミツさん、ミーさんの明るく、リラックスした表情・雰囲気ににほっとさせられました。おかげで、少しずつ気持ちもやわらぎ、落ち着いて参加できました。1日のセッションが過ぎるのがとてもはやく感じました。実は、ヘミシンクの英語版のCDを7年ぐらい前に手に入れて、何度か聞いていましたが、理解できない箇所があり、久しく聞いていませんでした。しかし、今回エクスカージョンを受けて、家に帰ってから改めて聞いてみて、「つながった」と感じました。特に「レゾナントチューニング」の箇所は英語版ではよく聞き取れず、それに続く発声音があまりにも不気味(英語版はうなされたような声、日本語版は合唱のようにさわやか)でしたが、大事な箇所だったんだ、と合点がいった次第です。日本語版は、とてもよくできていると思います。製作者の方々に感謝します。
 ということで、日本語版をじっくり聞きながら、新たな発見をしていけたらと思いますし、また機会があればセミナーに参加させていただきます。ありがとうございました。

コメント(0)

ニックネーム : aoyama

8月10,11日のエクスカージョンに参加しました。

トレーナーのミツさん、ミーさん、そして、ご一緒させていただいたみなさん、ありがとうございました。

楽しかったですね。

あれから僕はなんでも前向きに考えられるようになった気がしています。
そして、物事も前向きに進み始めているような気がします。


また、ぜひ参加させていただきたく思います。

その折にはよろしくお願いします。


コメント(0)

セミナーに参加して

2013年7月28日

ニックネーム : コウスケ

大阪のKARAさんのセミナーに参加しました。
これまでは、一人でCDを使っていましたが、みなさんの御意見を聞けて「もっと自由にイメージして良いんだ」と気付けました。とても勉強になりました。
今回は都合でF10だけの受講でしたが、次回も受講したいと思いました。

コメント(1)

夕飯予想

2013年6月11日

ニックネーム : suma

6月9日にF12のセミナーに出席させていただきました。とても充実した内容で、尾方さん、西さん、清水さん、そして参加された皆様には大変お世話になり、有難うございました。さて、問題解決ワークでの「夕飯予想」の答え合わせです。帰宅し、どうかなーと台所へ行くと、な・な・なんと「餃子」でした!!刺身はあるかな~と、冷蔵庫を見ましたが、ありませんでした(残念)。しかしながら、明太子とタコのぶつぎりにうっすら味がついたもの(タコの刺身に近く、しかも皮~吸盤は生に近い食感)がありました。赤い魚介類の生ものが頭に浮かんだので、てっきりまぐろの刺身かと思っていましたが、明太子+タコはいわゆる赤色系(の魚介類?)で、ある程度方向性は一致していたのではないかと思っております。前三品はいずれもセミナー当日に買ってきた模様です。一応、それらしい結果となったのではないかと思っておりますが、自己採点が甘いでしょうか・・・!? 参加された方以外は、分けの分からない内容になり申し訳ございません。以上、ご報告まで。

コメント(4)

ニックネーム : まちゃみ

2月23日~24日東京神楽坂で行われたエクスカージョンに参加してきました。シェアルームにすぐに書き込みたかったのですが、終わった後は頭がぼーっとして疲れ果ててしまったのと、2日間で本当にたくさんの体験がありすぎて心が消化しきれず、今日1日でこの2日間放りっぱなしだった家の用事や仕事を片づけながらようやく落ち着きを取り戻してきましたので、書き込むことにします(うまく整理して書けるかどうか自信がありませんが)。
私はヘミシンクのセミナーは初体験なのですが、かなり前に坂本さんの本を読んでからヘミシンクのCDは購入して自宅で聞くことはありました。自分で聞いて体外離脱のような体験は2度程しているのですが、これが明晰夢なのか、本当の体外離脱なのかずっと疑問に思っていました。ヘミシンクに出会う前も、明晰夢はみることがよくあって、自分で勝手に夢を操作したり、空を飛んだり、色はもちろん、感触のある夢もみることがあります。また、夢の中ですごく懐かしい人が出てきて、現実には一度もあったことがないのになぜこんなに懐かしいのだろうと、これは前世で自分に関係があった人に違いない、でも、本当に前世ってあるのだろうかとか、半信半疑のまま、スピリチュアル系のセミナーに出たり、レイキもティーチャーディグリーまで伝授してもらったのですが、それも本当にエネルギーが出ているのか確信が持てず、他の人に隠したままでした。それで、最近、ヘミシンクに改めて関心を持つきっかけがあり、一度ちゃんとした指導の下にヘミシンクを体験してみれば、納得できる回答が得られると思って参加を決めたのです。
もちろん講師の方のちゃんとした指導も楽しみでしたが、私はこのようなセミナーで同じようなことに興味のある方、同じような体験をしたこともある方と出会えることも楽しみでした。今回のセミナーのことを夫にも詳しく話せないまま出てきたくらいなので、友人やましてや仕事関係の人などには、ヘミシンクやスピリチュアル系の話をできる人がいないのです。
ワークが終わると、各自の体験を話してシェアしましょうとトレーナーの小島さんと西さんに言われたのですが、最初、私は思っていた以上のことが起こらなかったので、こんなことでいいのだろうかと、でも、率直にこのような話ができる場が欲しかったので、少ない(と思っていた)体験でもなるべく話すようにしました。すると、小島さんや西さんがすごいですね、と言ってくれるのでこっちが驚いたくらいです。自分では自宅で体外離脱や明晰夢みたいな体験はしていて、振動がくる感じも分かっていたし、予感もあるので自分から振動を誘導していくこともあるくらいです。それに比べると大したことのない体験だったなと私は思っていました。でも、自分が感じたり、身体に起こったことなどなるべく話していると、他の方たちからもどんどん興味深い話が出てくるようになって、それがいい示唆となって気づかされたり、本当に有意義な時間でした。
自分の体験で一番印象に残ったのは、1日目のリリースとチャージ、2日目のクオンタム・セルフのワークでした。リリースでは、エネルギー変換箱から恐怖を取り出すのですが、1つめ、2つめ、3つめと全く異なるものでした。取り出したものからこれはきっとこのような恐怖心を表しているのだろうと自分勝手に解釈し、シェアでもそう話したのですが、実は1つめの恐怖は自分でも気づいていなかった、でも潜在意識の中にずっと残っていたものだったのだと、その日の夜帰宅してから気づき、ショックで泣いてしまいました。でも、本当にそのことはすっかり忘れていて、ほとんど悩んだことすらなかったのです。
2日目のクオンタム・セルフでは、F12で池に入り、それから量子的自己に溶け込んだときは、自分の姿がまったくなくなり、目だけ(目の形すらない、視点のみ)あるいは意識だけになったとき、すごく気持ちがよかったのですが、ふと思うと、昔小さいとき(年齢ははっきり覚えていませんが、就学前だったから5才頃だったと思います)、自分が死ぬ夢をみたのですが、その時感じた感覚とまったく同じだと思い出しました。その夢では、私は死んで(死んだ理由は分からない)、家の近くの大きな湖のほとりの原っぱの中に横たわっていて、家族が捜しに来るんですが、死んでいる私はすごく気持ちがよかったので、死体を発見されたくない、このままでいたいと思い、草や木の葉の中に隠れようとするとのですが、すでに自分の体は消えていて見つからないのです。その時私は草や大地やその周囲の空気の中に溶け込んでいて、意識だけになっていて、それがとっても気持ち良かったのです。このワークの時、その夢の記憶がよみがえりました。
今回、このワークを通して、自分のみた夢は自分の顕在意識の下に残っていた前世やあの世にいた時の記憶の断片なのだと思うようになりました。また、これまで時々「気づき」として現れてくれていたガイドとももっと深く交信することができました(抱いてもらって、温かみを感じられるようになった)。
セミナーが終わったあと、1日めのリリースで思いもよらず現れた私の1つめの恐怖心のことがすごく気になっていたので、ずうずうしくもトレーナーの小島さんにそのことについてお尋ねすると、小島さんは優しく受けとめてくれて、それはもう手放していいのだと私が納得できるようにお話してくれ、私は本当に救われた気持ちになりました。
この2日間、本当にすぐには気持ちが整理しきれないほど色々なことがあり、終わった日の夜は早く寝ましたが、朝起きてから早速ヘミシンクを聴きながら瞑想し、自分が足の下の地球と頭の上の宇宙と1本の光のエネルギーの筋でつながっているイメージを思い浮かべていると、胸に熱いものがこみあげてきて自然に涙がこぼれました。そして手のひらにもたくさん金粉が出ていて、すごく浄化された気持ちになりました。
以上、まとまりのない文章になってしまいましたが、本当に素晴らしい体験をさせて頂いてありがとうございました。今後もセミナーに参加させて頂きたいと思っています。トレーナーの小島さん、西さん、事務局の森田さん、そして一緒に参加し、体験をシェアしてくださった参加者の皆さん、ありがとうございます。またいつかお会いできることを楽しみにしています。

コメント(2)

ニックネーム : まぁ

10月20・21日のエクスカージョン(F10,12コース)に
参加させていただきました。

実は2日間、結構ぼーっとしていました^^;
なかなかグランディングできなかったですね。

なんか、3分の1くらいの意識をむこうに置いてきたような感じでした。
あれほど集中的にヘミシンクを聞いたことなかったので
好転反応みたいなものかな ? なんて思っていました。
もっとも、昔からぼーっとするのはクセでしたが。。

セミナーはやはり受けるべきですね。一人でやっているだけでは
モチベーションも下がるときありますし、これで良いのかどうか
という判断も一人では難しいですしね。

今回参加させていただいて、基礎が大切ということを
再認識しました。メンタルツールを今までかなり、おざなりに
していたなぁと実感しました。正しくしっかりと行うことで
体験も違ってくるということがよく分かりました。

リーボールのいろいろな応用など、現実世界で使える方法は
とても勉強になりました。自動車や家全体にリーボールを
張ったりなど、いろいろ試しています。

しばらく楽しみながら実践して、近いうちに、他のコースへ
参加させていただきます。
今回はありがとうございました。

コメント(0)

神楽坂での参加

2012年10月15日

ニックネーム : 匿名希望

10月6、7日、あの場にいらっしゃった全ての皆様、ありがとうございました。
まだヘミシンク入門したての匿名希望です。

それにしても、2日目のF12ではスピード狂の自分も降参してしまうあんな体験(発売されていないプログラムでの出来事)が出来てしまうとは想像も追いつく事が出来ませんでした。

よだれ物です。

どうぞ発売に向けて動いて下さい!
よろしくお願いします。 


コメント(0)

ニックネーム : くりはらさん

8月25日のF10コースに参加しました。
講師は坂本政道さんと山口幸子さんのお二人(豪華でしょう)
超初心者の私は、ドキドキで会場に到着 そこにお二人がにこやかに出迎えてくださってなんだかほっと安心しました。
一緒に参加された方の質問を聞いてそうなんだ・・・と納得したり(レドナントチューニングの声はどのくらいの音量がいいのかとか)
終わった後の懇親会がとてもよかったです。
ビールを飲みながらいろんな話題がやまもりで・・・終わって数日たちますがいつまでもしあわせな気分が続いています。
みなさんとの出会いに感謝ですありがとう!
体験談は、もうちょっと自宅学習をして発表させてもらいます。(^_-)-☆

コメント(1)

ニックネーム : ayako

土日、お手伝いにお伺いした島田です。参加された皆様、本当にお疲れ様でした。

エクスカージョンは、ヘミシンクがまったくの初めてという方もいらっしゃって、もしかしたら、「これでいいのかな?」と体験に自信が持てない方も多かったかもしれません。

私もそうで、2年ほど前のエクスカージョンが初めてのヘミシンク体験で、体がちょっと熱くなったかな?とか、断片的に意味不明なビジョンが見えた気もするけど妄想の気もする...みたいな、曖昧な体験でした。

サボリ気味の私は、未だに、ものすごい体験ができた!!とは言い難いのですが...。やはり継続は力というか、その後、F21ではフォーカス・レベルの違いがハッキリ認識できたり、バシャールコースで初めて質問とその答えをもらうというやり取りができたり、という体験がありました。

また、体験はセミナー中に限らないらしく、帰宅後の夢の中でヘミシンクをしていて、そこで亡くなった姉と会話ができたということもあります。

もし今回のセミナーで、ちょっと面白いかなぁとか、自分に合ってるかも、と思った方がいらしたら、ぜひ上のフォーカス・レベルも体験してみてくださいね。


コメント(0)

ニックネーム : 福地結路

さてさてヘミシンクのエクイスカージョンコースの二日目です。


● フォーカス12は、「知覚の拡大した状態」。五感を超えた知覚や気づきが広がります。
● このコースでは: •フォーカス12を体験し、慣れ親しみます。
•フォーカス12の状態を活かして、問題解決、トータルセルフを知る、色呼吸などを学びます。


実習フォーカス10とフォーカス12の違いの実習。
フォーカス12からフォーカス10に降りると呼吸が苦しい。

実習人生の問題点に関する回答を得る。

フォーカス10からフォーカス12に行く。
階段を二つあがり扉を開けると真っ白い世界。
白いレンガの壁や入り組んだ階段。
エーゲ海が見えギリシャだと思う。

福地結路は真っ白いシーツを被り両手を広げ
winds blowing form the asia~と歌う。

するとガイダンスで質問をして下さいといわれる。
誰も居ないのに質問するのはあれなので
此処はギリシャ、ギリシャといえばデルフォイの神殿(アポロンが管理する預言スパ)と思い行く。

建物に入ると沢山の巫女がいる。
巫女に『福地結路が9月以降にしていることを教えてください』と言う。
すると巫女に案内され福地結路は聖水で沐浴をして白いローブを着る。

透明のカレーが入るような入れ物に入ったピンクの液体を飲まされる。
それを飲んで寝転がると質問の答えが夢で見れるらしい。。。

何だ教えてくれるんじゃないんだ・・・と思い
素直にピンク色の液体を飲み大広間に横になる。
すると天上に映画を見るようにスクリーンが出てきてヴィジョンが見える。

コロシアムの様な球戯場。
ハーフタイムで試合の休憩時間に、球戯場の真ん中で歌を歌う福地結路。


ヴィジョンを見たので帰ってくる。

ヘミシンクのアナウンスでもう一度質問するようにいわれる。
福地結路『兆しが現れるのは何時ですか?』
すると始め人間ギャートルズの様な文字で9月3日と出てくる。


ヘミシンクのアナウンスでもう一度質問するようにいわれる。
福地結路『9月3日に何も兆しがなかったら無いのか????』
声『無い!!』
福地結路『あっちょんぶりけ~』


実習ヘミシンクCDを聞きながらの昼ね。
通常の睡眠よりも30分で沢山疲労回復するらしい・・・
福地結路的には30分で深いところまで寝落ちしたので帰ってくるのが大変で返ってダルクなり頭が重くなった。


実習 クォンタムセルフ(量子的自己)に会いに行く
誘導瞑想に従いあいに行くと、其処にはヘミシンクのファシリテーターの経営する居酒屋。
そこで生ビールで乾杯して帰ってくる。

実習 色呼吸
以前カラーブリージングセラピーを沢山練習していた福地結路は別に同と言うことは無い感じ・・・・


コメント(1)

ニックネーム : 福地結路

さてさて
スピリチュアルの世界の住人なら一度は聞いたことのあるヘミシンク。
福地結路も何度かCDを聞いたことがあるが・・・
聞かないでチャネリングをするときと、聞いてチャネリングする時。
ヴィジョンの見え方も声の聞こえ方も変化が無い・・・

っと言うことでちゃんとセミナーを受けたらもっと効果的かな~???
と思い。
二日間のエクスカージョンプログラムを受けてきました。

昨日受けたのはF10
● フォーカス10は、「肉体は眠り、意識は目覚めている状態」。
  ヘミシンクの基本です。
● このコースでは:
•フォーカス10を体験し、慣れ親しみます。
•ヘミシンクには不可欠なメンタルツールを学びます。
•不要な怖れを取り除くリリース&リチャージを学びます。


と言う内容。

先ず
フォーカス10の意識状態を福地結路的に解釈すると、夜眠ろうとおもっても目が冴えて眠れないときの状態。
なので今後夜眠れなくて目が冴えてもフォーカス10なので身体は休んでいるので良いとします。


そんで
基本のヘミシンクのメンタルツールは普通にイメージすれば直ぐにできる。
まあ、さむはら道場的に言えば
薔薇の花の爆破とトーニングとマカバボディの作成と言った所か・・・


そして実習
不要な怖れを取り除くリリース&リチャージ。

これは、アナウンスによる誘導瞑想。

先ず恐れが入っている箱をイメージするように言われて出てきたのが井戸
その中に恐れがあると言われてみてみると
貞子が爪を引っかきながら井戸から這い上がってくる。
福地結路手を伸ばして貞子を救い出す。
すると貞子は光の天使となり昇天する。

次にその原因の記憶と感情がでてくる。
福地結路は過去10年の間に5人の女性からストーカー的に愛された。
相手に無理と言っても生霊を飛ばされる・・・
そんなこんなが続き
彼氏の居る女性もしくは旦那の居る女性もしくは以外の女性とは距離を取り。
アウトオブリーチ(問題外)の女性には普通に話す。
そしてその問題外から情熱的に愛されると言うパターンを持っていた。

今後そのパターンを取り外し、相手に熱愛されたらどうしようと言う恐怖を手放した。


アナウンスに従い次の恐れを取り出す。
次の恐れは『他人に遅れを取る恐れ』

福地結路は努力して解決するものは必ず努力して他人に引けを取らないようにする。
それ以外の団体競技や自分の努力ではどうにもならない事は極力避ける。

原因の記憶を見てみると
幼稚園の工作の時間に自分よりも早く完成した子がいて
福地結路は焦り絶対に嫌だという感情を抱いた。

その感情を手放し癒す。
自分は自分、他人は他人、自分のペースで物事を進めればよい。
ものさしは他人ではなく自分である。

アナウンスに従い次の恐れを取り出す
次の恐れは『他人に真意が伝わらない恐れ』

福地結路は自分の考えの真意が伝わらずに湾曲して相手に理解されるのが大嫌いだ。
なのでステレオタイプ的に相手の真意を聞かずに、自分の経験に照らし合わせながら相手の話を聞く(中年以上の女性に多い)人が大の苦手。
その様な相手を見ると、どうせ言っても理解しないだろうと何も言いたく無くなる。
まあ、実際福地結路の日記の愛読者も福地結路に真意をどれだけ判っているか・・・
コメントが結構ずれている場合が多い。
その殆どが自分に引き込んで読んでいるんだよね。。。。


そしてその原因の記憶を見る。
すすと幼稚園の時に、自分の言ったことが全然違う風に広まった経験。
それから自分の真意は相手に伝わらないと言う諦めがでた。

その感情を癒し手放す。
人間と言うものは、相手の話から受け取るのは、自分の概念や感情に響いた部分だけ、それ以外の概念や情報はスポイルするか湾曲するもの。
相手に自分の真意が伝わらないの当たり前。
もし相手に伝えたい事があれば、幼稚園生でもわかる言葉で伝える。


最後に
フォーカス10フリーフロー
これは、自分でテーマを決めてダイブすると言う物。

福地結路的にフォーカス10はエーテル領域と感じる。
なので大地母神に会いに行く。

大地母神に会いに地球の中心に行く。
先ずは碧い泉で心身を浄化&リチャージする。

町を歩く人々の乗り物は蜥蜴・・・・

そして大地母神に会いに行くと巨大な蛇・・・
何時もは絵に描いたような大地母神なのに今回は大蛇
吃驚していると大蛇が話し出す。

『本来世界の各地の大地母神は大蛇である。
天なる父のみを認めるキリスト教に滅ぼされた国々では大地母神はサタンの乗り物とされた。

日本に於いても、龍は神聖視されるが、蛇はあまり好まれない。
しかし、弥生民族が滅ぼす前の縄文民族の主神である大物主とは大蛇である。

福地結路よ。
お前の中にある蛇に対する恐怖心を取り払え。
それは、スピリチュアル的に覚醒しないための封印だ。

その封印が解け、内なる蛇と友好な関係を築いたとき
そなたの身体は本来のアダムカドモンとして覚醒する。

そうなった時にそなたはそなた自身の豊穣神となり
三次元世界では思ったことが直ぐに現象化する自分が自分の現人神となるであろう。』

コメント(0)

ニックネーム : NONTAN

7月14日、15日に初めてエクスカージョンを受講しました。その日は受講した人のほとんどが男性(^_^;)しかし、へミシンクをするきっかけや仕事内容など女性にはない感性がありとても興味深かったでした。
自宅学習では得られない体験のシェア―がありとてもためになったばかりではなく、他の人の感じたことが自分の悩んでいた答えにもなっていたりとたくさんのシンクロがありました。
そして何よりも、ガイドさんの存在が感じることができました(^^)v
姿を見ることはできませんでしたが、ここにいるよ、繋がっているよとガイドさんの愛のようなものを感じました(*^_^*)❤
今度はガイドとの交信コースを受けたいと思っています。
トレーナーのYoichiさん、たつぞうさん2日間ありがとうございました。
今後も自宅で楽しんでやりたいと思います♪

コメント(1)

『駆け足で』

2012年7月14日

ニックネーム : 美蓮

 4月下旬より、神楽坂アクアビジョン、浅草橋なごみ館にて「エクスカージョン」「ガイドとの交信」「バシャールコース」「チャクラヒーリング」「F21探索」「F27」F15の「超時空コース」「願望実現コース」(開催日順不同)を受け、更に受け続けていく所存で、ちょいと急ぎすぎの感がいなめない者でございます。

 ただヘッドフォンをつけ、横になり流れてくる音楽や音声ガイドに身を任しているだけなのに、こんな体験が、あんな世界が体感できようとは!?
そりゃあ「はまる」ってもんですよ☆

 ではその体験した、垣間見た映像の中から印象的だった事柄をセミナー毎に、述べさせていただきます。

 ジャッジや分析をしがちな左脳人間、初めての体験の日は(F10)終了後、「右脳」が活動しはじめたようで、頭の右側がドーンと重くなり、尚且つ、脳を何かで掻き回され、ヒリヒリした感覚におそわれました。

 F10からF12にはじめておとずれた時は、何だかたった一人、初めての場所に放り投げられる感じで、とても怖かった。猛烈な不安感に包まれたのを覚えてます。
そこは真っ暗な広い、果てしない宇宙空間だったのだけど、慣れた今では、宇宙にさえも「愛され、包まれている」という認識に変わっています。

 「クォンタムセルフ」では、トレーナーの方が見せてくれた絵が呼び水となりました。
スイスのような、私のなかでは、映画「ロードオブザリング」に出てくる、リブタイラー(体験時の発表ではなぜか間違えてリタヘイワードと言ってしまいました)が扮している王女?が住んでいた景色、風景が出てきて、(図々しくも、私自身、リブタイラーが扮してた役柄になりきっちゃう感じで背が高くスタイル抜群な美女になってるのですが)、その後、事あるごとにF12に行けばたいていその景色です。
F27でのスペシャルプレイスもそのような風景で作り、ガイドさんやヘルパーさん達も、クォンタムセルフで出会った動物たち、ユニコーンやシロクマやウサギ、小鳥、ファルコン、白龍(時に青龍)だったりします。

 C1のこの世の世界でも、動物好きかというわけではなく、むしろ逆で動物を人間と同等に考えたり、飼っているペットを、家族の一員としてみてらっしゃる方をみると、いつも「心が広く優しい方なのだなぁ」と感心してしまうダライな人間な方で、動物がたくさん登場するのは意外でした。

続きは、「バシャールとの交信」で。


コメント(0)

ニックネーム : kumi

初めてF10に参加させていただきました。
一日だけの参加でしたが、身体がとても気持ちよくリラックスし、頭は冴えて夢の断片のようなものをいくつか見たり、最後のセッションは隣に温かい存在をとてもリアルに感じることができ、うれしかったです。

何よりも、大いなる源に意識を向け、喜んでいる皆様と新たに出会い、交流し、その喜びを分かち合えたことがとても嬉しく、幸せな時間でした。
深い部分での喜び、共振はかけがえのないものです。
トレーナー、スタッフの皆様、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。


コメント(1)

追伸F12

2012年5月14日

ニックネーム : マック魂

昨日のF12の追加です。
セッションの中でF12問題解決というのがあり、3つの質問の1つの中で、このような質問をしてみました。<今、私はある健康食品や化粧品等の販売代理店(売る)をやってみようかと思うのですが、ガイドさんのご意見をお聞きしたいのですが?>という質問です。すると占い師の人、しかも、多分銀座の雰囲気で路上で占い師の姿が映像で出てきました。さらには私自身の出演で!!・・・出演料もらっていませんよ!・・・ええ!?違う、違う??ということでその画像を打ち消し同じ質問をしなおししました。するとちょっとしてから、又占い師の私が出てきました!!なにこれ?*#$!?ていう感じで意味不明で戸惑ってしまいました。
確かに10年ほど前に会社を終えやっていた時期がありましたが、質問に対しまったく関連しない映像がでてきたのは、ちょっと残念でした。そう思って次の質問をを待っていました。すると次の瞬間!!あっ、もしかしたら!!
セッションの前に、よく坂本さんが、駄洒落で答えが返ってきたという話を藤由さんが話されていましたので、これもそうなのか!
というのは、占い師、、占い、、ウラナイ、売らない、つまり販売代理店・・・商品は売らない、つまりやめろって言うことか???ということでシエアに臨みました。
すると藤由さんが、こういうのもありらしいとの事。結構ガイドさんは、冗談好きでシャレとか、不真面目??的なことが大好きとの事でした。
あともうひとつの質問は、映像が支離滅裂?なような印象でしたので、ノートとっているので、現在、解読中です・

コメント(1)

ニックネーム : マック魂

こんにちは。昨日の5月13日は待ちに待ったF12でした。
先月14日にF10から1ヶ月空きましたが、体調も頗る快調で、今回も眠らないで無事終了いたしました。 前回F10の続きから、ちょっと追加でお話させてくださいね。 前回のセミナー終了後(今回の自己紹介のところでお話させていただきました)急におなかが痛くなり、地下鉄飯田橋構内トイレで超、超すっごい下痢をしました。今までの経験からは、お昼ほんのちょっと菓子パンを食べただけですので、なるわけないのですが、終えた後すごい寒気が襲ってきて、同時に体のだるさが出てきて、おまけに吐き気や、熱が出てき始めたのを感じました。・・・この日の朝は雨が降っておりかなり寒い朝でした。風邪を引いたな!!・・・たっているのもつらく、やっとの思いで帰宅いたしました。 ご飯も食べずに早く横になりたい一心で着替えないでそのまま寝てしまいました。夜中も寒気があり、おまけに熱がある症状で天井が動いているような、或いは下がってくるような、とても寝苦しかったです。・・・・F10のセッションででてきましたモナリザのガイドさんが見守ってくれていました。・・・このまま5時まで眠り、今日の10時まで川越まで行かなくては、ならなかったので、仕方なく起き上がったのですが、あれ、あれ、なーんと不思議??
昨日の苦しさが起き上がったとたんに、何事もなかったように失せていました。
その日は、結局快調で、これを書いている今もまったく快調です。・・・・あれはなんだったんでしょうか??!・・・・・藤由さんが、それも1つの体験だとおっしゃっていました。・・・??年間生きていて初めての経験でした。
話が長くなりました。 F12では、今まで自分でCD聞いていて10との違いがわからなく、又自身、別にわからなくても支障ないじゃん、みたいのがありましたが、セッションの中で、違いを感じて見ましょう!!ということでやってみました。
すると、なんとなく私の中で、10は手足が重いけど、12ですと重いとかその感じがなく、麻痺状態というか、意識的に手足がないと、いった感じがしました。
又10ですと目の前にあるものが、なんとなく見える??・・目を瞑っており。かつアイマスクをしている・・・といった感じがありました。つぎに12の意識の拡大した状態が、意味がつかめなかったのですが、なんとなく自分の周囲が横や後ろが、同時に意識がいく?っていうのですかね、気配りがいく?て感じで自分なりにつかめたようです。ただ上下までは、感じませんでしたが!!
でもF12がうっすらとつかめたことが、とても嬉しい私なりの成果でしてた。
お笑い芸人的な藤由さん、とても緩やかな感じで、かつ癒していただける雰囲気の尾方文さん、お二人のコンビネーションでとても楽しかったです。  
有難うございました。 次は何を受けようか? 検討中です。

コメント(2)

ニックネーム : hanacat

ヘミシンクについてはつい最近知りました。
今まで、ヒーラーさんの手を借りてハイヤーセルフの言葉を聞いたりしてきたのですが、そろそろ自分で感じたいと思うようになり、ヘミシンクに興味を持ちました。
1人でやるより、同志の人たちとやった方がいいだろうと思い、エクスカージョンにすぐ申し込みました。結論から言うと、参加してよかったです。
まずヘミシンクへの疑いが消えた事。そこに参加する人たちやトレーナーのmitsuさんやsachiさんと直に会い、話を聞いたりすることで「怪しい」とか「危ない」とかそういう偏見がなくなりました。ここには安全な人たちが集まっていると感じられました。
そして、セミナー前に家でメタミュージックを聞いて1度瞑想をしましたが、途中で怖くなって目を開けてしまったりしました。しかし、セミナーでは皆さんいらっしゃるので安心してF10へと行くことが出来ました。
シェアでは、映像が結構はっきり見えたというような話し方をしてしまったのですが、はっきり見えたというか、「感じ」られました。意識が変わっていくのがわかり、もっと練習してはっきりと見たいと思いました。
しかし、ハイヤーセルフ(ガイド)の存在は確信をもって感じました。ヘミシンクに出会う前から、ほぼ毎日瞑想の時間をとっているのですが、その時に来てくれるハイヤーセルフがヘミシンクでも来てくれました。
このような話をしても、普通のこととして受け入れられる同志たちのいるところで、本当に心地よかったです。
また、F12のセミナーや、将来はモンロー研でやるプログラムにも参加してみたいです。昨日?だったか、瞑想していたらその映像が見えました。いつになるか分かりませんが、とても楽しみです。
あと、ヘッドホンから聞こえるsachiさんの声がかなり癒し系で心地よかったです。ありがとうございました。

コメント(1)

ニックネーム : マック魂

昨年7月にゲートウェイ・エクスペリエンスⅥまで購入し、一人でとぼとぼやってきました。が!なかなか本、等での体験が得られなく半ばあきらめ状態で、最後の切り札っていう感じで受けてきました。 初めのセッションから、自宅で聞くのと違い、適当な緊張があったせいか、映像が出てまいりました。いきなり林が現れ、もやがかかってきたのですが、しばらく追っていると山火事で、もやは、煙であることがわかった。F10序章では、この程度で何のこっちゃ?てな感じでしたが、私にとっては、得るところがあったという実感でした。途中のF10アドバンスでは、ガイドさんらしき女性?!と思いますが、へミシンク中に何度もしつこいくらい姿を見せてくださいとお願いをしたら、やっと出てきていただけたようです。 かなり執念深く言わないとだめみたいですね!! 半ば、やっぱ無理か?ってあきらめたとき、ふっと現れるようですね!!・・・これが秘訣??あとガイドさんが来てる証拠を見せてください!!・・このお願いはわりと聞いていただけるみたいです。わたしは、「もしそばにいらっしゃるなら、どこでもけっこうですので触れてください!」といいましたら、右足のすねの右側が感触がありましたが、気のせいとも考えられるので、もう1度お願いしたら、今度は同じ右足のすねの左側を触れられました。
納得!!ていう実感がわき、満足でした。  まだこのほかにも書きたいこといっぱいあるのですが、次F12を受け、そのあと一緒に書きたいと思います。

コメント(1)

エクスカージョン♪

2012年3月12日

ニックネーム : aya

エクスカージョンに参加してくださったみなさま、
お帰りになってから、いかがでしょうか?
きのうの4つめのセッションの最後で流れた曲に画像がついたものがあるのでよかったら見てみてください↓
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=R7qw82fi_Ms
きっとあの感覚がよみがえって、さらに素敵な体験につながると思います♪
またみなさんにお会いできることを楽しみにしています。
その時にはもっとファシリテーター役、うまくなっておきますので...(^^;
2日間どうもありがとうございました(^^)

コメント(0)

ニックネーム : tetsu

 2/25,26に長崎で開催されたエクスカージョンコースに参加して、F10とF12の違いを体感できました。セッションでのアファメーションを思い出し、体験をシェアすべきだと考え書くことにしました。
 私は10年以上前に突発性難聴にかかり今はメニエル症と付き合っています。右の耳では周波数の低い部分がほとんど聞こえない状態で、電話の受話器を右耳に当てても、人が話しているということは分かっても、何を話しているかは聞き取れません。また、聴力検査で骨伝導をする場合、頭蓋骨へのかなり激しい振動(音)が加えられても「音」として右耳には聞こえない状態です。日常生活では左耳に頼っています。
 このような状態でヘミシンク効果を体験できるのか不安もありましたが、以前から参加したいと思っていたので、エクスカージョンが今年長崎であることを知り参加しました。
 結果は、冒頭でも書いたようにF10とF12の違いを実感できました。
各セッションで、他の参加者が色々なビジョンを見たとの報告があるのに、私の場合はビジョンは非常に少ない状態でした。でも、肉体感覚として色々な体験を出来ました。F12では右足が左足と比較して30cm位高くなっているように感じたり、F12からF10へ戻るプロセスで意識が身体の中に帰ってくる感覚とか、F12で顔の表面がピリピリしたり、F12に最初に行って帰ってくる途中で一度だけめまいがしたりしました。
 2日目のセッションの「量子的自己」は、自分のトータルセルフへの扉の中に入るというものですが、その時に鮮明なビジョンを見ることが出来ました。トータルセルフへの扉に行く途中で私は短時間眠ってしまい(クリックアウト)ました。「扉の中に入りましょう」というガイダンスで目が覚めると、目の前には、金色に光り輝く高くて幅の分厚い大きな両開きの扉がありました。片側の扉は少し開いています。私はその中に入りました。すると扉が背後でスーッと閉まってしまいました。目の前は霧が立ち込めているようで何も見えません。私はまた眠ってしまいましたが、「帰ります」というガイダンスで目覚めて扉を見ると出られるように開いていました。私のトータルセルフの中では何も見えず、何のメッセージも得られませんでしたが、私は素敵な扉を見ることが出来たことで大満足でした。
 また、私が出入りしたい時には扉が開いていたこと、私が通り抜けると扉がすぐに閉じたことから、私はいつでも自由に出入り出来るし、他の人は出入り出来ないということを理解できたのも収穫でした。
 さて、セミナーの最後に嬉しいことがありました。
 私は自宅学習中からガイドさんに質問していたことがあり、セミナーのセッションでも質問しましたが、セッションでは回答は何も返ってきていませんでした。
 セミナーの最後のまとめの時に、坂本さんが「スランプは成長のステップ」だと言われたのですが、僕にとってはその言葉はガイドさんから僕へのメッセージだと感じました。坂本さんは「スランプは3年くらい続く」とも言われました。私は仕事のスランプに悩んでいて、今年が3年目です。この言葉で、長かったスランプも今年で抜け出せて成長できるんだと自分に自信を持つことが出来ました。
 2日間のセミナーで、自宅でヘミシンクを聞いていて疑問に感じていた小さなことを解消できたこともあり、今後、ゲートウェイ・エクスペリエンスを自宅で徹底的にやってみようと決意しました。
 とても有意義な2日間でした。
 坂本さん、山口さん、スタッフの方、参加者の皆さんありがとうございました。

コメント(1)
TOP