AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

「2011年7月」の一覧

ニックネーム : コロ

 第20回ゲートウエイに参加させて頂き、ありがとうございました。
 姉のことでいろいろ大騒ぎしてご迷惑をおかけしました。
 この世に帰ってきてから、自分の中で何かが変化したのがわかります。たとえば、知らない人とすれ違う時、みんなに声をかけたくなります。知人と話すとき、とても懐かしいような感じがします。以前なら苦手な人でも、「それぞれの個性なんだな・・・」と妙に納得したりします。
 湧き上がる事象一つ一つが、とても新鮮で、珍しく感じます。愛しくさえ感じます。とても不思議な感覚です。微妙にゲートウエイに参加する前と世界が違うのです。これはなぜなのかと思いました。グランディングがうまくできていなくて、どこか違う世界に不時着したのでしょうか。
 そこで気がついたのですが、私たちどうも一段階上がったのではないでしょうか? 目線が違うのです。視点が違うのです。ほんの少しですが、上から物事が見れる気がして、なんとなく冷静に落ち着いて生活できる気がします。これから起こること一つ一つを丁寧にかみしめながら豊かに生きていけるような気がします。
 このような体験と変化を与えてくださった、すべての皆様に心から感謝します。本当にありがとうございました。このお話の続きをまた、皆さんと共有できることを楽しみにしています。

コメント(2)

ニックネーム : kuri

平成23年7月16日〜7月21日の第20回ゲートウエイ・ヴォエッジに参加しました。
 今まで受けてきた日帰りコースとは異なり、今回の宿泊型のセミナーでは予想以上にたくさんの貴重な体験をさせていただきましたので、ほんの一部ですが、お伝えします。

F21で住宅が密集していたのが見えてビックリしました。他の参加者の方もおっしゃっていましたが、最近どんどんいろいろな構造物が出来ているようです。F21には時間の概念があるようですというMasさんのコメントが興味深かったです。

ガイドさんの存在については半信半疑の私でしたが、1年前の救出の謎が解けたり、同室の方同士が過去世で家族だったことが分かったり、参加者の方の失せ物が絶妙のタイミングで見つかったなどの話を聞かされ、すごーい!すごーい!と連発の毎日でした。こんなにもたくさんの驚愕体験を見せられたおかげで、すべての出来事は偶然ではなく、ガイドさん達の導きだったということが今回、身にしみてはっきり分かりました。

今まで、アセンションに対してかなり悲壮感を持っていたのですが、現在は、何が起ころうとも宇宙にとって最善のことなのだから、すべて有り難く受け入れようと、ようやくポジティブに考えられるようになりました。そして、せっかく今、歴史的に特別な時期に立ち会っているのだから、ヘミシンクというツールを活用し、C1を含めて毎日楽しみたいと思います。

この素晴らしい機会を与えて下さった、坂本さんをはじめトレーナーの方々、目に見えないところで支えて下さったモンロー研、アクアヴィジョン、ルラシュ憩いの杜のスタッフの皆様、貴重な体験をシェアしてくださった仲間達、導いて下さったガイドさん達、宇宙の全てに心から感謝致します。

最後に、日帰りコースについても宿泊型のセミナーにはない魅力があるので、まだ受けていない方がいれば、是非両方参加されることを強くお勧めしたいと思います。
様々なメンタルツールや、独自のプログラムが用意されていて、とても楽しいですよ。
また、毎回サプライズな出会いも経験できますので、これからも宿泊型、日帰りコース共に積極的に参加させていただきたいと思っています。


コメント(2)

ニックネーム : miketa

2011/07/16〜2011/07/21の第20回ゲートウエイ・ヴォエッジに参加しました。
2010/04/03からゲートウェイ・エクスペリエンス WaveⅠ~Ⅵを購入し、聞き続けましたが、やはり独学だと「これで良いの?」「全然体験できない」「今日も寝てしまった」などと疑いや否定などのネガティブな面が大きくなりました。
「せっかく買ったんだから、使いこなしたい!」と、3連休にプラス3日か休めば出れるという好機にも恵まれ、第20回に参加しました!
共に歩むメンバーがいると励みや勉強になり、また、体験を多くしている先輩メンバーの方からパワーをもらって、より多くの体験を得るようになったり、とても有意義な6日間となりました。
最後の2日間は、全セッション、だいたい寝てましたが、「絶妙のタイミングで何かあるだろう」と前向きに寝れるようになりました。(おいおい!)
参加メンバーの方々、大変ありがとうございました!
また、坂本さん、トレーナーの皆様方、日本でヘミシンクのセミナーを出来るようにしてくださって、ありがとうございます!
(他、坂本さんの印象は「面白い数学の教授さん」でした。)
次回は、1日や2日セミナーに積極的に参加したいと思います。 それでは

コメント(2)

ニックネーム : mizo

 こんにちは、6月25日に札幌でf21コースを受講した者です。
 あれからゲートウェイ・エクスペリエンスを聴き続けていますが、最近自宅の家電製品が誤作動するようになりました。
 Fax(一昔前のFax電話)から帯状の白紙が出てきたり、石油ストーブのデジタル時計が停止したり、台所の照明(半年前購入・リモコン式)が勝手に点灯しました。
 何度も、これらの現象が同時に起こりました。他の製品は何事も無く、それぞれ別の場所にあるこれらの製品だけが誤作動しています。つい最近の出来事なのでしばらく様子を見ますが、気になった体験として一応報告しておきます。

コメント(2)

ニックネーム : ユー

 平成23年7月16日〜7月21日の第20回ゲートウエイ・ヴォエッジに参加しました。
 和気あいあいとした雰囲気(予想通り日を追う毎にダジャレがヒートアップしていきました)の中、たくさんの感動体験がシェアされ、人生の数年分を数日間で体験したような気がします。亡くなった愛する人と出会えた喜びをシェアされた方も何人もいましたし、向こうの世界での体験をシェアしたところ、他の参加者が目撃していたという事例もいくつも報告されました。
 私自身に関しても、毎日驚くべき体験の連続でした。
①まず、以前受けたトータルセルフ・コース以来会えなかったトータル・
セルフに会うことができ、涙が出るくらい感激しました。
②何と、ついに体外離脱しました!体から抜けて坂本さん、モモさん、
ミツさんを見に行き、あとで確認したらほぼ正確に見えていました。
びっくりです。
③ブリッジカフェでモンローと会話してきました。
④八ヶ岳と交信できました。
⑤八ヶ岳のF27でUFOの大群を見ました。
他にも白龍や岩星人(?)や松ぼっくり星人(?)などたくさん見えました。体験が多すぎて語りつくせません。
 また、自分自身の体験以上に、同じような志の人と寝食をともにし、色んな話をしたり、体験をシェアすることの楽しさを実感しました。
 坂本さん、モモさん、ミツさん、ゲートウエイ・ヴォエッジ第20期生の皆さん、すばらしい時間を共有していただき、ありがとうございました。また是非、お会いしたいと思います。

コメント(3)

ニックネーム : 匿名希望

7月17,18日と札幌でのF27体験コースに参加させていただきました。
素晴らしい体験をすることができたので、報告させていただきます。

救出活動(レトリーバル)の1回目でのことです。

音声ガイドに従って、F21からF27へ
F27は入っただけで喜びのエネルギーを感じて気持ちよい感じです。前日作ったスペシャルプレイスから公園に移動し、私のガイドが4人きてくれました。その中に金髪女性のルーシーさんという存在がいます。みんなで手をつないでF27からF23へカウントダウンで降りていきました。
F23はなんだかぼやっとした空間で、あんまり気持ちよくない感じです。救出対象をガイドに任せて待つと、ルーシーさんが外国の女の子を連れてきてくれました。白人の金髪、髪は肩くらいまで、かわいらしいが暗い顔をしています。人形を抱いています。
とにかくF27まで連れていこうと思い、私はサンタクロースに扮装して、ガイドたちにトナカイのそりになってもらい、楽しいところに遊びに行こうと誘ってみました。女の子の顔がぱっと輝き、「行く」と言ってくれました。私とガイドのルーシーさんで女の子を挟むようにして、そりにのり、歌を歌いながら、F27まで行きました。
F27の受け入れの場(レセプションセンター)につくとその子のお母さんらしき、金髪の上品な女性が迎えに来ていて、女の子は大喜びして、お母さんに抱きついています。見ているこちらもすごくいい気分になりました。
落ち着いてから女の子とお母さんとベンチに座って、話をききました。
女の子に
「何歳なの?」
「7歳」と浮かびます。
「どこにいたの?」
「イギリス」と何となく感じます。
「どうして死んじゃったの?」
「人形をとろうとして池でおぼれて死んだ」というようなイメージでした。
「お名前は?」
「ルーシー」と浮かぶ。
ん?ガイドと同じ名前ですが・・・
「どうしてあそこにいたの?」と聞いてもはっきり理由が分からないのです。

そこで次にお母さんに
「ちょっと事情を伺いたいのですが・・」
とお母さんに意識を向けたとたん、直感的にわかりました。
このお母さんはこの子が亡くなったことを強く悲しむあまりにこの子の意識が上に戻っていくのを妨げていてしまっていたのだということを。ということは今みているのは、生きている母親の想念であるのか、いや昔のひとだから、もう死んでいるのか??? なんだか時系列で考えるとわけがわからなくなります。左脳的な分析は後からにしろと事前に言われていたんでしたね。

あとはガイドにお任せしました。

そしてもうひとりのガイドと対話

 「ルーシーっていっていたけど、まさかガイドのルーシーさんではないよね」
ガイド 「同じ魂よ」
 「えーー まじですか」

ということは、私のガイドの過去の囚われ状態を救出したということであり、ガイドは私と同じグループの魂ですから、結局自分自身の一側面を救出したことになります。

その後、セミナー参加者のシェアの時間となりました。
隣の参加した方のシェアを聞いて驚愕しました。

その方のシェアでは、

「白人の女の子がいて・・・」
あ、同じようなのをみたのかな
「年は7歳で・・・」
え・・・・・
「イギリスの方で・・・」
ええ・・・!!! まじ ありえない!
「名前は スージーとか何とか・・・」
似てる!
「私が助けようとしたら、別の存在にくっついていってしまって、私の役割ではないのかなと思いました」
私が連れていってしまいました。すみません。
「海みたいなところにいました」
水つながりで合っています!

微妙に違う点もありますが、ほぼ同じものを認識していると考えざるを得ませんでした。

今までいろいろな体験をしていてもどこかで、これは自分の妄想や思いこみではないかという疑念はどこかに残っていたのです。
しかしこれは・・・主観的真実と現実が合致するという素晴らしい体験を得ることができました。

本当に参加して良かったです。よくしていただいたトレーナーのおふたり、参加者のみなさん 本当にありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

カテゴリ:F27基礎コース
コメント(2)

ニックネーム : たつぞう

先日のF27体験コースで、参加者の方がおっしゃっていました。「ヒーリングセンターは、心身ともに癒されました。これまでで一番気持ちよく、効果があったようです。ゴーイングホームのCDを買って、自宅でもやってみたいです。」と。

F27体験コースでは、救出活動の後には癒しと再生のセッションがあります。F27の意識状態で体験できるヒーリングセンターを訪れて、ヒーリングを受けるというセッションでの言葉でした。

フォーカスレベルというのは、意識状態につけられた名前です。フォーカス27という意識状態があり、それをさまざまに体験するのがセミナーの醍醐味です。

思えば、ヘミシンクによって意識状態を変えていくだけで、心身のヒーリングを受けられたり、過去世を体験したり、救出活動ができる、ということは、思えばものすごいことですね。ヘミシンクを使っているのは前提であるにしても、意識状態を変えることでそういうことが出来るということなのですから。

あらためて、今回のF27体験コースで意識の世界の奥行き、深さ、広さに感じ入りました。

参加者の皆さん、楽しく有意義な時間を過ごせて、ありがとうございました。


カテゴリ:F27基礎コース
コメント(0)

大地に繋がった!

2011年7月11日

ニックネーム : lisa

色と発声法でチャクラを開いて調整する最初のセッションだけでも、セッション後は随分軽くなった体感がありましたし、無心でやった曼荼羅塗り絵も楽しいワークでした。が、最後の「大地に繋がる」は特に素晴らしいセッションでした!

初めて地球のコアに行くと懐かしさとその優しさに包まれて涙が止まらず、コアにいる間ずっと泣いていました。これは自分でも想定外で、泣きながら驚いてる自分がいました。下位のチャクラが弱いという自覚は以前からありましたが、地球のコアでエネルギーの交流後は特に下位のチャクラが温かくなり、とても落ち着いた気持ちになりました。自分的な解釈ですが、今までより地球とのパイプが太くなったように感じています。

トレーナーのモモさんのナレーションが素晴らしく、CDがあったら購入したいと思いましたが、残念ながらこれはオリジナルナレーションで販売はしていないとのことでした。最後のセッションは宿泊セミナーではエクスプロレーション27にも相当するセッションとの説明があり、このセッションを受講するだけでも、このセミナーに参加する意義があると感じました。

トレーナーのミーさんの的確な説明と巧みな誘導で終始和やかな雰囲気の中、「チャクラヒーリング」というタイトル通り、リラックスと浄化の時を過ごせました。ミーさん、ご一緒したみなさん、ありがとうございました!

カテゴリ:チャクラ・コース
コメント(1)

ニックネーム : aya

昨日、チャクラヒーリングセミナーを受けてきました♪
夜もチャクラ瞑想のCDを聴きながら寝て、とてもすっきり目が覚めたので、さっそく投稿しています。
疲れが溜まってるし、浄化したいこともいっぱいあるし・・・位の気持ちで受けたセミナーでしたが、最後のセッションでびっくりしました。
エクスプロレーション27や、スターラインズ並みの深さを体験できたからです。
午前中から少しずつチャクラを調整していって、最後のセッションでは地球コアへ銀のコードを伸ばします。ナレーションに従って、宇宙空間に浮かびながら、地球コアへコードを伸ばすイメージをすると、目の前にエスカレーターが現れました。それに乗って降りて行くと、だいぶ前に出会ったガイドさん(の雰囲気)が・・・はっきり見えるわけではありませんが「よく来たね」と迎えられた気がしました。
C1へ戻ると、ものすごく遠くから帰ってきたような感覚で、なんでも自由にできそうな、どんどん変化していきたいワクワクした気持ちが体に満ちていました。今なら願ったことがすぐ叶いそうです♪
みーさんや一緒に探索した方々からも、愛のパワーをいっぱいもらえました。みなさんありがとうございました(^^)

カテゴリ:チャクラ・コース
コメント(1)

これはバシャール?

2011年7月 6日

ニックネーム : ayako

2回目のセッション、「バシャールとの交信1」で、「亡くなった姉はちゃんとF27へ行けたのか」と質問すると、笑顔のヴィジョンが見えました(知らない女の子で、姉とは別人です)。目の下にホクロがあり、長い黒髪の女の子でした。

「笑顔ってことは、オッケーってことですか? ちゃんとF27に行けたんですか?」ともう一度聞くと、今度は、ラベンダー色の、女性もののパンツのヴィジョンが浮かんできました。「え~!? こっちは真面目に聞いてるのにっ! これは何!?」と思いつつも、何か意味があるのか?ダジャレか?と考えましたが、やっぱり分からない…。そういう意外なヴィジョンを見せることで、「さっきのヴィジョンは自分の妄想じゃない」ということを教えてくれようとしたんでしょうか??

そのほか、「将来赤ちゃんを産むとしたら、最初の子の性別は? 男なら右手、女なら左手を動かしてください」と頼むと、右手の、親指の付け根にあるふくらみのあたりを圧迫しているような、温かいような感じがありました。


コメント(1)

私は体感タイプ?

2011年7月 6日

ニックネーム : ayako

先日は、福岡でのセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。

F21では、21に入った途端に、自分の周囲が澄んでクリアになるような感覚がありました。(それまでさざ波だった水面が、いきなりピタッと静かになるようなイメージです)

具体的な体験としては、最初の2回は雑念なのかヴィジョンなのか、とりとめのない映像や思いがゴチャゴチャとしてしまい、いまいちよく分からないことも多かったのですが…。だんだん、そういうゴチャゴチャが少なくなり、3回目のセッションで、ガイドと思われるヴィジョンを見ました。
「4体のガイドに自分の体を引き上げてもらう」というセッションだったのですが、顔も体が真っ白で、お化けのキャラクターのような顔をした人魚が現れたんです。茶色でウェーブのかかった髪に、赤い花をつけていました。4体出てきて、すぅっと泳いで行ってしまいました。

自分はヴィジョンで体験するのは苦手なようで、ヴィジョンが見えたのはそれくらいです。

ですが、体感で確かにF21に行けたらしい、と感じることができたのでとてもよかったです。先ほどの、周囲がクリアになる感覚もそうですが、どちらかというと戻ってくる時のほうが分かりやすかったかもしれません。
セッションによってちょっと違うのですが、帰ってくる途中、なんだか自分の体が枠?(クッキーの型みたいな)のように感じられ、そこにサーッと何かが満たされていくような感覚がありました。遠くに出ていたものが、ちゃんと戻ってきたような感じです。
ほか、F10に戻ったあたりで体がカーッと熱くなる(それまでは冷房が効いててちょっと肌寒いくらいだったのに、汗をかきました)などもありました。


カテゴリ:Wave VI (F21) コース
コメント(1)
TOP